そうはいっても

生活のなかで感じたこと、はまっていることをジャンル問わず記事にします。

スポンサーリンク

ポールが好き

私がまだ高校生の頃、休日の暇を持て余してツタヤで立ち読みをしていた時、ある曲がBGMとして使われていた。

その曲はとても心地よいピアノのイントロで始まり、よく耳に馴染む。

徐々に盛り上がっていくこの曲は最初から最後まで嫌なフレーズが一つもなく、全てサビの様で一級品のフレーズが連続した。

高校生の私がそれまで聞いていた曲には無い圧倒的なセンスと心地良さを感じ「こんな曲があるのか」とその場で衝撃を受け立ち尽くした。

後にその曲がLet It Beだと分かりビートルズのファンになってしまったのは言うまでもない。

 

それから私はバイトで稼いだお金でビートルズのアルバムを買いあさり、貪る様に聞いた。

ふと気づく、好きな曲のほとんどがポールマッカートニーの曲ではないか!

Rady MadonnaやSgt.、Golden Slumbarsからのメドレーは圧巻でなんどもリピートした。挙げればきりが無い。

もちろんLet It Beも何百回と聞いた。

 

その後ソロも聞いたが、好きな曲はあってもビートルズほどの衝撃は無かった。

YesterdayやFool On The Hill、The Long And Winding Roadなど、どれか一つでも作ることが出来たなら伝説になれるであろう曲を、全て作った男が、なぜソロではビートルズに成れないのかと思っていた時、僕の中で急にジョンレノンが存在感を増してきた。

ビートルズ時代はレノン・マッカートニーとクレジットされていても実際はどちらかが一人で作っていることが殆どだった。

だが、二人は曲を作りレコーディングする過程でアイデアを出し合っていたことがソロとビートルズの大きな違いだった。

つくづくこの二人が同じバンドを組んでいたことが信じられない。

A Day In The Lifeなんかジョンレノンの日常を歌う歌詞と幻想的なメロディにポールの曲とアイデアがうまく合わさった二人の最高傑作だと思う。

 

ビートルズのライブに行きたくなった。

でもそれは叶わない。唯一叶うとすればポールのライブに行くことである。

しかし、当時最後に日本でライブを行ったのは2002年でそれ以来何年も来日していなかった。

 

私は高校を卒業し、社会人になり数年経った頃、ビッグニュースが舞い込んだ。

2015年4月ポールマッカートニー来日

もちろん興奮しながら僕はチケットを即買いして、生で伝説の曲が聴けるのを楽しみにした。

そう私は当時から8年ほど経っていたのだが未だにビートルズとポールを聞いていたのだ。

当日、ワクワクしなが京セラドームに会場入りした。

彼はその前の国立競技場で予定されていたライブをドタキャンしていたので私はポールが「会場入りをした」というニュースを見ても目の前に現れるまでライブが行われる確信を持てずドキドキしていると照明が落ちてオープニングムービーが流れ始めた。

満員の観客と一緒に今か今かと待ち受けていた時、彼は万雷の拍手の中、ついに私の前に現れた。

たっぷり2時間半、水も飲まずにパワフルな歌声で歌いきった。

Let It Beを歌った時なんとも言えない気持ちになった。

あの時ツタヤで聞いたあの曲を、作った本人が歌ってくれている。

私はとても贅沢で素晴らしい体験をしていた。

今年の4月に行われた東京ドームへも、もちろん足を運んだ。

75歳ということもあり私は声が出るのか、パワフルなライブができるのかと、とても不安だったが、それは杞憂に終わった。

むしろ前回より声が出ていてセットリストも前回より素晴らしいものだった。

未だにスリムな体型と声量を維持して高齢になってもファンのために素晴らしいパフォーマンスを繰り広げる彼を見ていると私はとても勇気付けられる。

これからも一生彼とビートルズのファンであることを誓った。

 

 

ゲームをする時間がない奴はスイッチを買え

ニンテンドースイッチをなんとか手に入れて2ヶ月ほどたったので、簡単にレビューしてみる。

 

社会人にぴったり

私がまずスイッチをプレイしてみて思ったのは「これは忙しくてもゲームができる」ということだ。

スイッチは据え置きでありながら携帯ゲーム機にもなるという特徴がとても素晴らしい。

布団の中で据え置きゲームができるというのは思ったよりもゲームを手軽にしてくれた。

社会人になると忙しくなりテレビにゲーム機を繋いで腰を据えてプレイするということが、とての大それたことに思え、どうも億劫になってしまう。

その気持ちがスイッチを購入することで全て解消されてしまった。

私は最初、据え置き機としてテレビに繋いでいたのだが、今では携帯モードでのプレイがほとんどである。

「こういうのを待っていた」と言わざるをえない。

ゼルダが面白い

これは色々な人が言っているのだが、漏れなく神ゲームである。

このゲームはただただ面白い。

フィールドを歩いているだけで、敵と戦うだけで、崖を登るだけでとても面白いのである。もちろんストーリーを進めても面白い。

面白くて仕事が終わると、そのまま電源を入れ、時間を忘れてプレイしてしまった。

それぐらい面白い。

スイッチのデザインがワクワクする

スイッチは今までにないゲーム機で据え置きと携帯の中間に位置する。

コントローラーが本体とくっついたり離れたりしてモードが変わっていくのは幼少期に初めて遊ぶおもちゃをワクワクしながら手に取る感覚に似ていて、つい試してみたくなる。

画面を立てジョイコンを使い複数人でプレイするのは今までに無い経験だ。

先にも述べたが据え置きゲーム機をそのまま持ち歩けるのも魅力的である。

それらの機能が先進的で何か良いものを手に取った気持ちにしてくれる。

 

ただ残念なのは未だに入手困難で、この素晴らしい体験をしたくてもできない人がたくさんいることだ。

私も手に入れるためにとても苦労した。

それについては当ブログでも前後編に分けて記事にしているので良かったら読んでみてほしい。

shyumi.hatenablog.com

 ゲーム機でワクワクするのは本当に久しぶりで他のゲーム機にある複雑な印象が全く無くとっつきやすいのはさすが任天堂と言ったところだろう。

ぜひなんとか入手して素晴らしいゲーム体験を味わってほしい。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 

 

 

 

星野源がムカつく

最近話題になっている男がいる。

それは星野源だ。

俺はこの男がムカつく。

なんなんだあのセンス!意味わからん。

こいつの音楽は俺の大好きな80年代の洋楽や古い邦楽といった古さを感じる。

マイケルジャクソンのかっこよさを感じる。歌謡曲の様な趣もある。

それなのに音楽が新しい。

古さの中に新しさがある。

こいつのライブに行くとめちゃくちゃ楽しい。

ファンはほとんどが若い女性で、めちゃくちゃ凝っている楽曲をそんな子達の前で演奏しているギャップが面白い。

week endなんてもろに80年代のダンスミュージック感満載なのに今時のマイケルジャクソンも知らない様な女の子がノリノリになっている。

アンコールではニセアキラとかわけわからんのに扮して「君は薔薇より美しい」なんかやっちゃう。しかも10代や20代の女の子がそれにノリノリになる。

俺はそれが悔しい。俺が振られた女も星野源が好きだった。

羨ましくてしょうがない。

こいつの楽曲は凝りすぎてアコギでやろうと思うとコードがむちゃくちゃ難しい。

化物なんかコード進行が化物だ。でも聴きやすい。

こんなにマニアックな音楽作ってんのに聴きやすい。

イントロのマリンバなんて最高だ。

昔から思っていたことがある。

高校生の洋楽を聴き始めた頃、「邦楽なんてダメ!洋楽が最高!」とまぁ洋楽が好きになり始めにありがちなことを思っていた。でも邦楽もほんとは好きだった。

だからその時良く考えていたのは、「この素晴らしい洋楽を上手く昇華して邦楽に取り入れる様な奴が出てこないのかな」ということだ。

そんな高校時代も10年前ぐらいになろうとしていて、そんな偏った考えもとっくに冷めていた頃、俺はこいつの音楽を聴いて久しぶりにあの時の感覚が蘇る勤労になった。

 

「ついにこんな奴が出てきたのか!」

 

星野源は自分の音楽を「イエローミュージック」と称している。

ブラックでもロックでもない。日本人だけが作る「イエローミュージック」であると。

俺はこの概念がとてもマトを得ている様に思えた。

そして感心した。とんでもない奴が出てきたと。

でも俺は星野源がムカつく。

こいつの一見陰キャの俺でも近づけそうな雰囲気がムカつく。

でも本当は違う。星野源は中身がある。

こいつは音楽にしても芝居にしても書くことにしても自分の哲学を持って取り組んでいて結果が出ている。逃げ恥もめちゃくちゃ面白かった。

だからとても充実している。自信がある。魅力がある。

女の子が好きになるのも仕方がないことだ。

だから本当は星野源がムカつくのでは無く、振られた子が星野源が好きなのに比べて、その子に好かれない自分が、星野源は中身があるのに比べて中身の薄い自分がムカつくのだ。

だから俺は星野源に嫉妬するのは辞めようと思う。

色々なことを頑張ってみようと思う。星野源が嫉妬するくらいに。


星野 源 - Week End 【Live from “YELLOW VOYAGE”】

 

YELLOW DANCER (通常盤)

YELLOW DANCER (通常盤)

 

 

 

スポンサーリンク