そうはいっても

生活のなかで感じたこと、はまっていることをジャンル問わず記事にします。

スポンサーリンク

「自分臭いかも」と思ったら、、、27歳男の初めてのデオドラント対策

こんにちはタックです!

私はここ最近自分の臭いについてとても悩んでいます。

トイレなどの個室に入ったり臭いを発生させるものがあまりない場所で立ち止まった時になんか「嫌な臭い」がするのです。

私はあまり汗を掻く方ではない+周りの人に臭いについて言われたことが無いことから臭いについてそれほど気にしていませんでした。

そのこともあって最初は前にトイレを利用した人の残り香だと思ったりしていたのですが至る場所のトイレや部屋で同じ「嫌な臭い」がするのでこれはやばいと思い人生初のデオドラント対策なるものを考えてみました。

私が考えた対策

①香水

エイトフォーの様なデオドラント製品

の二つの対策を考えてみました。

私は接客業をしているので香水のニオイでお客様に不快な思いをさせてしまうのではないかと思い①は却下。

となると自ずと②のデオドラント製品に頼るしかありません。

とは言ったものの私はエイトフォーぐらいしか知らなので「男 デオドラント」でググってみたところすぐ定番と言える様な商品が出てきました。

 

デオナチュレ男ソフトストーン

この商品がすぐ出てきたのでアマゾンのレビューを見てみると、300以上のレビューがついているのに星4.5以上で内容も「これを買っておけば間違いなし」みたいなものがほとんどでした。なので早速近くの薬局で買って見ました。

この製品はエイトフォーの様なスプレータイプではなくスティックのりやリップクリームの様に下のネジを回してデオドラント成分が入った固形物を出し、それを直接脇に塗るといったものです。

そしてなんと一回塗るだけで一日中効果が持続するらいしいのです。

塗るさいの注意は脇が濡れている状態で塗ると効果が半減するので綺麗にしてから塗る、とのことでした。

 めちゃくちゃ効く

早速、脇を一度ウエットティッシュで吹きタオルで乾拭きしてから塗って出かけてみました。

するといきなりいつもとの違いが感じられ、今の時期だと少し外出するだけで脇がベタついて来るのにスッキリしているではありませんか!!

その数時間後もベタつきはほとんど感じられませんでした!!!

トイレに入って見ても「嫌な臭い」は本当に全くしなくなり、デオナチュレを塗ったメンソールのスッキリしたニオイがほのかに香る様になりました。

その日から髭剃りや歯磨きと並んでデオナチュレを脇に塗ることが朝の日課になったのですが、本当に朝塗れば一日中効果が持続していました。

特に私は飲食店で働いているため厨房にも入るのですが、とても暑いです。

そんな環境で体を結構動かすのですぐ汗がにじみ出てきます。

なのにデオナチュレを朝塗る様にしてからは一日中、脇だけはスッキリしているのでとても驚かされました。

逆に気づかせれる自分の臭さ

そして今まであらゆる場面で感じていた「嫌な臭い」が全く感じらなくなり、逆に「今まで感じていた嫌な臭いはやっぱり自分の臭いだったんだ!自分臭かったんだ!」と気付かされ、ちょっとショックも受けました。(笑)

 

人に近づいたり近づかれても安心

臭いが気になり始めてから接客時や人と近づく時など、「臭い大丈夫かな?」と不安でしたが、それも払拭され自信を持って取り組める様になりました。

 

「今までの悩みはなんだったんだ!」というぐらいとても効果があったので、もし私と同じ様に臭いに悩んでいる方がいらしたら是非試して見てください!

デオナチュレ 男ソフトストーンW 20g×2個

デオナチュレ 男ソフトストーンW 20g×2個

 

 

 

ジョジョ

出張の帰り、電車の中でiPadを広げる。

そして最近導入したBluetoothヘッドホンを装着する。

すると電車の中が自分の部屋に変わる。

ヘッドホンはノイズキャンセリング付きだからなおさらだ。

アニメでも見ようかとHuluをなんとなく立ち上げ、ジョジョが配信されていたので、これまた何となく見てみることにした。

最初は隣県の駅まで見ているつもりだった、次は県内に入るまでだった。

だったのだが、とうとう地元の駅についてしまった。

漫画を読んだことがあり、話の内容は知っていたがアニメ化のクオリティの高さも相まって止まらなかった。

ジョジョには既に御存知の方も多いと思うが魅力的なキャラやセリフがたくさんあり、人生の教訓がある。

面白いのは、漫画を読んだ数年前と今とで感じ方が違うことだ。

私が一番好きなのはスタンドが出てくる前の1部と2部だ。

このころは強くなる方法も修行であったり、まだ人間らしさが残っているところや史実との絡め方が面白い。

なんせ1部でディオが仮面をかぶるまで一部ゾンビは出てくるが、普通の人間しか出てこない。波紋も呼吸法をマスターすれば出来るんじゃないかという気にさせてくれる。

その後の作品にも人間味は残っていて面白いのだが、一番それを感じられるのは1部と2部の様に思う。

私は他にも長時間の電車移動のため、本やPCもカバンに入れていたが必要なかった。

久しぶりにジョジョに魅了されてしまった。

 

 

 

素敵な日本人

数ヶ月前に買った東野圭吾の短編集「素敵な日本人」を先日やっと読み終えた。

この本を書店で見つけた時、短編集!しかも東野圭吾というコンボが決まり即買ってしまった。

読書は大好きなのだが読み始めるまでがとても億劫になる。

読書をするという行為は膨大な量の文字を読むことになる。

それが大それたことの様に思え、「素敵な日本人」が読み終わるのも時間がかかってしまった。

しかし、一度読み始めると、そんな億劫な気持ちが嘘の様に止まらなくなってしまう。

この作者の小説は読むというより、読んでしまうとか読まされるという感覚だ。

いつも「これは売れっ子になるわけだ」と感心させられる。

 

この小説だが、どの短編も素晴らしく読了後の余韻をそれぞれで感じられる粒揃いの小説になっている。

最初の物語で警察の嫌な部分を見せられたと思ったら別の物語では警察が活躍する物語があり、短編同士でも繋がりを感じて、どういう意図があるのか考える楽しさもあった。

私が一番のお気に入りは最後の物語である「水晶の数珠」だ。

この話は同じ作者の小説である「秘密」の様にファンタジー的な要素と日常が非常に上手く組み込まれておりTHE東野圭吾と言った仕上がりで楽しませてくれた。

 

小説は自分が知らない世界を体験させてくれる素晴らしいツールだ。

しかし私は読むのが遅いので1年を通してあまり数が読めていないのがとても残念である。

今年も半年を過ぎたが毎日本を読むことを目標に数を増やせていけたらと思う。 

素敵な日本人 東野圭吾短編集

素敵な日本人 東野圭吾短編集

 

 

 

スポンサーリンク